結婚する私たちが贈る、両親へのサプライズプレゼント

ヴァージン・ロード

結婚する二人が両親に贈ったサプライズプレゼント。
そんな素敵なエピソードをご紹介したいと思います。


わたしが彼を両親に紹介したとき、はしゃぎながらお菓子をすすめる母とは逆に、父は最低限のことしか話さずテレビをじっと見ていました。

「もしかして、俺、気に入ってもらえなかったかな」

家を出るとがっくりと肩を落とした彼に、わたしは苦笑いしました。

「多分、わたしのことに興味がないんだと思う」

「え?」

「わたしとお父さん、血が繋がってないんだよね」


母が父を連れてきたのは、わたしが高校生のとき。

突然できた「父」に思春期をすぎたわたしは戸惑うことはなく、ただ懐くこともできませんでした。

それは、父も同じだったと思います。

父と距離をつめられないまま、わたしは大学進学を機に家を出たのです。


わたしと彼が婚約の報告に行ったときも、父はあまり目を合わせませんでした。

「式はチャペルで挙げるから、ヴァージンロードを一緒に歩いてもらうことになると思う」

「そうか。わかった」

そう一言だけ答える父。


「お前、少し残念に思ってるんじゃないか? お義父さんのこと」

「え?」

「いや、俺はこれを機にふたりの距離が縮まるって期待してたんだ」

婚約者の彼の言葉に驚きつつ、わたしはどこか図星でした。

(でも、父はわたしの結婚のことなんてなんとも思ってない…)


しかし驚くことがありました。数日後、母と電話をしていたときのこと。

「そういえば、お父さん捻挫しちゃったのよ」

「大丈夫なの?」

「すぐ治るらしいんだけどね。ヴァージンロードを歩く練習で足をくじくなんて恥ずかしいわよねぇ」

(ヴァージンロードの練習…?)

電話をきったときにこみ上げてきたのは、父への感謝でした。

(実は、すごくわたしのことを想っててくれたんだ…)

そして、あることを思いつきました。


結婚式当日。タキシードに身を包んだ父はどこかそわそわしていました。

「お父さん、よろしくね」

「あ、ああ…」

父は目を逸らしながらも、そっと手を出してくれました。


そして、結婚式が滞りなく終わったとき。

「実は、これから新婦の両親の式を挙げさせていただきます」

司会者の言葉に、父は驚いたようでした。

再婚した両親は、式を挙げていなかったのです。

両親への式は、わたしたちからの感謝をこめたサプライズプレゼントでした。

「こんな話、聞いてないぞ」

突然の話に、父の口調はぶっきらぼうなものになっています。

「せっかくヴァージンロードを歩く練習をしたんだから、お母さんとも歩いてあげてよ」

わたしが言うと、父は照れたのか顔を赤くしました。

母と父が、ヴァージンロードを歩いていきます。

ふたりが式を挙げたらさらに父の「娘」になれる気がしました。


【関連】
・結婚内祝いの人気カタログギフト